カテゴリ: ㈱ヒューメネット社長ブログ

ページ: 1 2 >>

[案内]ものづくり企業のビジネスセミナ

パーマリンク 2009/09/09 11:52:38 著者: humenetp メール
カテゴリ: ㈱ヒューメネット社長ブログ

 現在の不況を乗り切るためには各社、従来の親子相互依存関係を断ち切り「Win-Winの関係」を重視する傾向が強くなっています。このような情勢の中で、ものづくり中小企業に対して企業での実践経験を持つ専門家がこの不況をどのように乗り越えていくのか、そして、不況に強い企業体質へどのように改善していくのかをテーマに講演を行います。

■ 開催日時 : 平成21年10月5日(月) 13:00 ~ 17:00
■ 会  場 : 千葉商工会議所大ホール
        〒260-0013 千葉市中央区中央2-5-1
              千葉中央ツインビル2号館14F
■ 参 加 費 : 無料
■ 定   員 : 100名(定員に達し、申込みをお断りする場合のみご連絡いたします)
■ 主   催 : 社団法人 千葉県商工会議所連合会
■ 協   力 : 株式会社 IBLC
■ お問合せ : 千葉県商工会議所連合会 
        tel : 043-222-7110  fax : 043-227-4107
■次第
◆講演会
・プログラム1(元日立製作所 谷口雄三)
 (1)日本の製造業の動向
 (2)ものづくり企業は何をすれば良いか?
・プログラム2(元デンヨー 江澤通彦)
 (1)まずは人を育てる
 (2)生産技術で安いものをつくる
・プログラム3(元ソニー 金丸正二)
 (1)生産管理でムダの無い生産
 (2)品質管理でより良いものづくり
◆個別相談会はセミナー
 講師(3名)に加え3名の相談員を揃え日頃抱えている悩み・課題についてご相談にお応えいたします。技術的な課題や製品開発、新規事業の展開、新規顧客開拓などお気軽にご相談ください。

誰が、地球、宇宙、生命体に歴史を残すのか?

パーマリンク 2009/09/04 10:42:10 著者: humenetp メール
カテゴリ: ㈱ヒューメネット社長ブログ

 今の瞬間しか存在しないのに何故、過去があるのか? 地球を見ても、古い地層にその時に生存した生物、諸環境(酸素や窒素などの気体含有率など)を記録しています。宇宙も何億年、名百億年の状態が観測されます。
 更には、生命体にはDNAと呼ばれるその種の先祖ルーツだけでなく、生命体の「種」ルーツまでが記録されています。何故こんなに記録好きなんでしょう。記録しておかないと忘れてしまうからでしょうか。
 誰が、このすばらしくて驚異的な記録の仕組みを考えたのでしょうか、そしてこの記録を誰が必要とし、使おうとしているのでしょうか?

地球の賢さと太陽光発電実用性論議

パーマリンク 2009/09/01 16:45:52 著者: humenetp メール
カテゴリ: ㈱ヒューメネット社長ブログ

 石油エネルギーを現在浪費しているのでそれに変わるエネルギー源を見つけなければいけないとして、やはり原子力は必要だ、太陽光発電だ、と議論がされている。そこに石油無尽蔵説が表に出てきた(この説自身は1950年代に旧ソ連の地質学者が唱えた)。
 とても簡単な事をトテモ難しそうに議論している。石油、石炭、天然ガスにしても元々は、太陽エネルギーを吸収した動植物の長時間(数億年)での体積(地球体表への蓄積)を今掘り出して消費している訳だから、なくなるのは当たり前です。即ち地球は太陽光エネルギーの蓄え方を知っていて蓄えてくれたに過ぎない訳です。
 この繰り返しとしてみたら次世代のXX類のために膨大な人口の人類の残滓を地表に残すのが人類の役割なのでは。そう考えるとまだまだ人口が足らないので100億人位になったらまた隕石が降ってくる筋書きが妥当だと思います。
 今太陽光発電の発電効率(エネルギー変換効率)が悪いからウンヌンと言われているが石化燃料生成の効率(数億年必要)と比べたら抜群の効率です。太陽光エネルギーが地球上生物の根源エネルギーですから、太陽光エネルギーを如何に効率よく吸収して蓄え消費するかを素直に考えてその仕組みを作るかに人類の「英知」を集約するかです。

VAN(バリューアッドネットワーク)

パーマリンク 2009/09/01 11:48:51 著者: humenetp メール
カテゴリ: ㈱ヒューメネット社長ブログ

 EWS4800(UNIX)の開発の次に、VAN(バリューアッドネットワーク)システムの開発を行いました。日本でも通信の自由化となり、通信回線を電電公社以外でも事業として使えるようになりました。
 まだその時には、インタネットは商用段階でなく、研究所レベルでした。やっとISDNが実用化になりつつあるときでした。64Kbpsが使える128Kbpsが使える、ビジネスが広がると期待していました。
 VANは主に、全店舗(POS)から売上げ情報(単品単位)と発注情報を
本部に吸い上げ、各店舗への納品情報や商品多マスターなどの共通情報を各店舗に配信する、オンライン受発注システムの要として使われました。
 毎日全店舗の売上げ情報を得られることにより生産効率が飛躍的にアップするとともに、地域単位での商品戦略を立てやすくなりました。主に以下の大手メーカ様にご利用いただきました。
 ・大衆薬品メーカ様
 ・大手食品メーカ様
 ・大手コンビニエントストアー様
 VANシステム構築で一番の問題は、24時間365日サービス無停止で提供しなければいけないことでした。当時のメインフレームは定期的にシステム停止して保守をする事が必須でした。
 そこで、コンピュータシステム1台1台を(定期・非定期的に)停止するオペレーションはオペレーションとして、ネットワークも含めてシステム全体で冗長化を行って全体として無停止サービスを実現しました。
 ネットワークレベルでは店舗が接続(電話ないしはISDN)する接続点を複数(一般的には2箇所)登録しておき、もし最初の接続点に接続できないときにはもう1つの接続点に自動的に接続変えするようにしました。
 情報を集めて処理するメインフレームの冗長化は、POSからネットワークに接続する時にホストの物理的なアドレスではなく、アプリケーション名を宣言させ、ネットワークがそのアプリケーションを実行するホストを認識して接続する仕組みとしました。
 このアプリケーション名と実際にそのアプリケーションを実行するホストの対応表を動的に管理できるようにしました。即ち通常はAホストで実行し、定期保守時ないしは故障時にはBホストに動的に変更した訳です。
 AメインフレームとBメインフレームとは、DISK共有を活用してDB(データ)の共有を行いました。
 圧巻だったのは、大阪センタのメインフレームでサービス提供していたのを東京のセンタのメインフレームにサービス無停止で一夜で移行したことでした。

 今見てみると現在のインタネットのDNS、BIG-IP(的)、SAN(的)の仕組みを先取りして実現していました。
 

ガリレオの天体観測とそれでも地球はーーより400年

パーマリンク 2009/08/26 16:42:00 著者: humenetp メール
カテゴリ: ㈱ヒューメネット社長ブログ

 今日のgoogleのロゴ(絵文字)が望遠鏡になっています。今日が「それでも地球は回っている」といいながら宗教裁判で自説を主張し続けられなかったガリレオが天体観測を400年前に開始した日だそうです。
 今では400年前に人類史の初期から間違って理解してきた知識を始めて正しく解き明かした人かのように教えています。ですが数千年前にはとっくに地球が回っている事を人類は知っていました。アレキサンドリアには膨大な人類の英知が蓄えられていました。
 子供の頃、暴虐の王(ファラオ)がピラミッドを数十万人の奴隷をこき使って作らせたと教えられました。「ベンハー」、「十戒」を見ました。アメリカに代表される奴隷制の甘い汁を吸ってしまった人たちはそのような前例はすばらしい例だったのでしょう。
 日本でも、すばらしい建造物である東大寺、唐招提寺、法隆寺の建築技術を評価して教育していません。大仏は時の民衆を懲役し搾取してつくったと教えられました。
 近世、近代が科学的に進んでいる、倫理的、知識的にもより良くなっているというのは正しくない。


手荒れ、肌荒れ、アトピーにムシャッツクリーム

1 2 >>

2018年12月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

㈱ヒューメネットの事業内容、活動内容とか、東南アジアのIT技術動向とか、技術者研修とか、現地IT技術者との交流とかを書きます。

検索

XMLフィード

16ブログ     free blog tool